団体名称:

一般社団法人品質と安全文化フォーラム

英文名称:

Risk Reduction & Quality Culture Forum

設  立:

2009年2月19日(任意団体の設立日)

法人登記

2017年9月27日(一般社団法人登記)

会  長:

向殿政男  明治大学 名誉教授 (理工学部) 

代表理事:

中嶋洋介 大妻女子大学 非常勤講師(~2015年)

事務局長:

佐々木光邦

所在地:

〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目3−3 G1ビル7階 797号

電 話:

03-4530-3322 FAX 03-3852-5239

E-mail:

nick19@joy.ocn.ne.jp

mitsu753@jcom.zaq.ne.jp 

銀行口座:

三菱東京UFJ銀行 高田馬場支店
普通口座口座番号:053-0054707
口座名義:品質と安全文化フォーラム 代表理事中嶋洋介ナカシマヨウスケ

 

品質と安全文化フォーラムの基本方針

1)フォーラムの基本方針 4項目

  (1)安全文化の醸成を目指して、議論のプラットフォームを提供する

  (2)企業から理解される旗振り役的な存在を目指す

  (3)フォーラムは中立的な立場を堅持する

  (4)生活者・消費者の安全と安心の実現に向けて、企業に努力を促す

 

2)フォーラムの基本方針(詳細)

(1)安全文化の醸成を目指して、議論のプラットフォームを提供する

  ①安全と安心の概念を明確にする

  ②品質を支えるのが安全であることを明確にする

  ③ISO Guide51:2014ほかの安全の概念、ISOの安全規格の普及を目指す

(2)企業から理解される旗振り役的な存在を目指す

  ①商品やサービスの安全、消費者の安全の実現を主に担っている企業から

    理解される取り組みをする

  ②研究者や行政、消費者からも理解を得るように努める

(3)フォーラムは中立的な立場を堅持する

  ①学問的立場に立ち、独立、中立、不偏の立場に立つ

  ②フォーラムが働きかける相手は、企業、研究者、専門家、行政、消費者など

   安全文化を担う全ての方々

(4)生活者・消費者の安全と安心の実現に向けて、企業に努力を促す

   ①フォーラム自身が消費者志向を堅持する

    ※消費者はVulnerable Consumer(被害を受けやすい消費者)と理解する

   ②衣食住の生活環境のモノ・コト(製品、食品、衣類、日用品、サービスなど)に

    関わる安全も研究テーマとする

   ③リスクコミュニケーションでは、不都合な情報も含めて、全て情報を開示する

    ことを促す

以上

品質と安全文化フォーラム 理事会メンバー

理事・会長 向殿 政男

明治大学 名誉教授、 校友会長

(元理工学部情報科教授)

安全学
情報学
理事 南波 裕樹 大成建設株式会社 管理本部 法務部部長 企業法務
理事 内堀 伸健 日本生活協同組合連会 品質保証本部
総合品質保証担当 兼 安全政策推進室長
品質管理
理事 相馬 成光 日本ピュアフード株式会社取締役
品質保証室長
食品安全

理事・

事務局長

佐々木光邦 顧客対応アドバイザー
(元ソニー㈱サービス部門)
苦情対応
監事 伊藤 陽三 税理士 税務会計
代表理事 中嶋 洋介 品質と安全文化フォーラム 代表理事
(元大妻女子大学 消費行動論 非常勤講師)
製品安全
消費行動論
交渉コミュニケーション
2018年度 品質と安全文化フォーラム 紹介_Rev.6 2018.10.17
PDFファイル 990.9 KB