一般社団法人品質と安全文化フォーラム公式案内

 

第142回 SRMクロスオピニオンセミナー

今回のSRMクロスオピニオンセミナーも手づくりのオンラインセミナーとなりますが、参加者が親しく、楽しくディスカッションができますようにと願っておりますので、参加者からの質問、ご意見をお待ちしています。

 

日 時 2020年12月17日(木) 13:00~17:00  

会 場 :ZOOMによるオンラインセミナー
テーマ:私たちの生活と高信頼性組織企業

テーマ

「コロナ禍(with、after、inter)でのリスク対応

~ 高信頼性組織を目指す生協の活動と今後の課題」

講師 内堀 伸健 氏

日本生活協同組合連合会 品質保証本部 

安全政策推進担当 

テーマ

高信頼性組織への道 ~監査役の役割とは何だろうか~

講師 中西 晶 先生

明治大学 経営学部 教授

中嶋洋介氏の論文が日本建築学会査読論文として公開されました。

日本建築学会査読論文として中嶋洋介氏の「民事裁判例から見る転倒事故の施設類型別の特徴と施設管理者の責任」が20201020日に日本建築学会から発行、公開されました。

概要は次の通りですが、URL https://doi.org/10.3130/aijt.26.1185から論文をダウンロードできますので、ご紹介いたします。

 

 日本建築学会技術報告集 26 (2020) 64 号 (2020/10/20発行)

ジャンル:建築社会システム

論文名 :民事裁判例から見る転倒事故の施設類型別の特徴と施設管理者の責任

執筆者 :中嶋 洋介, 山本 俊哉

20202664p. 1185-1189
発行日  : 2020/10/20
公開日  : 2020/10/20

DOI https://doi.org/10.3130/aijt.26.1185

PDF形式でダウンロード (856K)

『安全とリスクのおはなし』<第7刷発行のご紹介>

日本規格協会のおはなし科学・技術シリーズ

中嶋洋介著 『安全とリスクのおはなし -安全の理念と技術の流れ-』

向殿政男先生 監修 (明治大学理工学部長(当時)、現 明治大学交友会長) 

定価  :1,400円(税別)

出版元 :一般財団法人 日本規格協会

本書について、出版元の日本規格協会から「第7刷を発行します」とご連絡を頂いたのが、4月のはじめでした。初版の発行日が2006年6月23日ですから、10年以上経っています。

 著者としては10年以上前に書いた本ですので、とうの昔に賞味期限切れだと思っていたのですが、未だに版を重ねて頂けるのは「どこか、皆さまのお役に立てているのでは・・・」と考えるに至り、皆さまにご紹介させて頂きたいと考えるに至りました。

 なお、本書は2006年に「図書館協会の推薦図書」に選ばれておりますので、お近くの図書館に収蔵されているのではないかと存じます。是非、お手に取って、ご覧ください。